210422_ARTICLE2_MR

デジタルの未来に関するシリーズのパート2では、宇宙からのサービスが地球上の生命と密接に関連するようになるまで、また持続可能性のより広い定義が整うレベルまで探求します。

デジタルの未来:地球

1969年、アポロ11号の宇宙飛行士は、月面から地球を見る特権を与えられました。彼らが見たのは、時空につながれたユニークな生体である壊れやすい惑星でした。

半世紀以上後の2021年のアースデイでは、私たちの世界の環境を保護するという緊急課題が今の我々の総意となっています。「どのように」を巡って逡巡し不作為をかこっており、今日のより持続可能な惑星と将来の世代が故郷と呼べる居住可能な地球を守るために、私たちの社会的および経済的秩序の変化を実行する手段をめぐって人類は小競り合いをしています。

デジタル化のおかげで、地球上には過去のこれまでのどの時点よりも多くのデータがあり、衛星から陸、海、大気を観測する連続的なデジタルデータが流れ込んでいます。NorthStarは、地球をデジタル化して、地球の環境システムに与える影響をよりよく理解し、潮流を逆転させるために何をするべきかを判断する最先端にいます。 しかし、私たちの惑星の運命は、最終的には、行動に必要な変更を加えるという人間の集合的な意欲によって決定されます。

1833年、英国の経済学者ウィリアム・フォースター・ロイドは、英国の農業で観察したことを記したエッセイを書きました。 当時、さまざまな所有者の牛たちは、共有や公有の牧草地で自由に放牧されていました。この慣行により、これらの共有牧草地は壊され、草がなく、環境が悪化しました。 ロイドは、所有者が牛を養うために土地を保護することに直接的な経済的関心を持っている私有牧草地では、牧草地は環境的に健全なままであり、劣化は起こらなかったことに気づきました。

ロイドのエッセイによって、共有地の破壊は「コモンズの悲劇」として知られるようになりました。 人が土地の所有権を持っていない場合、その土地を保護する動機が失われます。 集団となると、人々は土地を使って使いすぎ、最終的にはすべての人々にとってその有用性を台無しにし、使い果たします。ロイドは、この悲劇の結末を、天然資源を使用するすべての人のために、一連の共通規則を定めることで簡単に防止できることを示し、18世紀において現在別の名前で知られている何かについて主唱したのです。

持続可能性。

私たちは地球上で直面している環境問題に関する持続可能性について、当然のようにしばしば話しますが、2021年のアースデイには、「コモンズの悲劇」と似ている事が、人類の重要で共有されるもう1つの資産である宇宙で展開されています。

2021年、地球は前例のない気候緊急事態の真っ只中にあるだけでなく、その軌道そのものが不安定な状態にあります。 宇宙ごみで混雑した環境で、衛星の打ち上げが指数関数的に増加しています。 宇宙交通は、衝突やさらなる破片の発生を避けるために、より持続可能な方法で管理する必要があります。近い将来、有人宇宙飛行や重要なサービスを提供する衛星が、地球近傍宇宙の軌道全体を使用できなくなる可能性がある、というコンセンサスが広まっています。 宇宙から地球の環境をデジタルで監視する人類の能力は、気候変動と地球の環境への脅威を監視するための私たちの主要な手段でありますが、それが危険にさらされているのです。

現時点では、持続可能性の定義を拡張し、地球の宇宙に近い重要な環境を含めることを検討する価値があります。 国連の17の持続可能な開発目標(SDGs)は、地球上で持続可能性を達成することを目的としています。
2021年のアースデイに、デジタルの未来に対する宇宙の重要性を認識し、地球上の環境問題に対処するため、NorthStarは、宇宙の持続可能性の目標を,国連の17のSDGSの主要リストに追加することを提案します。

宇宙の持続可能性は、地球の環境システムを観測する衛星からの重要なデジタルデータの継続的な流れ、結果を予測およびモデル化する能力、問題になる前に課題を予測し、より持続可能な世界を実現するための新しいサービスと解決策を作り出すことを可能にします。

コモンズの悲劇が地球上の環境の誤った管理の教訓を表すとしたら、今が宇宙に別の道を作るチャンスです。 この瞬間を捉えましょう、そして持続可能性について考える時、地球と私たちの上に広がる空について考えてみましょう。

共同創設者・CEO
スチュワート・ベイン